旅好堂

旅好堂は旅のポータルサイトです。世界の紀行文と海外旅行、国内旅行、その他旅に関するあらゆる情報を提供します。

風はどこでも吹いています。そういえば風景という字にも「風」が含まれていますね。 いろいろな国のさまざまな風に吹かれながら、各国で体験した皆さんの生活や旅の思い出。 世界各地からビビッドな「風のたより」を送っていただきましょう。 ⇒World Map   
北米・中南米ヨーロッパ アフリカ・中近東 アジア オセアニア
特集
DeNA じゃらん るるぶ H.I.S. JTB 日本旅行 阪急交通社 近ツリ 楽天トラベル
世界遺産を巡る旅(日本) テーマパークへの旅 ペットと泊まれる宿
日本各地の歴史的、文化的に価値ある世界遺産を巡る旅に行こう! ディズニーリゾート・USJなど全国のテーマパークへの旅! 愛犬との楽しい旅にペット同伴OKのおすすめ宿を紹介します!

シンガポール旅行最新情報

おすすめプラン①

8月シンガポール航空+マリーナベイサンズ

By DeNAトラベル(旧スカイゲート)
    

世界最大の旅行クチコミサイト~TripAdvisor(トリップアドバイザー)

いよいよ、旅行のシーズンが到来しました!みなさんは、今年はどこへおでかけですか?紅葉狩りに温泉にと、きっと、さまざまな計画をたてておられることでしょう。

さて、今は多くのサイトからいろいろな情報を集めることができますが、情報があまりにも溢れすぎていてどの情報を信じたらよいのか分からないという方も多くおられます。

こんなとき、ひとつの方法として、実際に利用されたことのある人たちの感想や意見を聞いてみる、いわゆる「口コミ」を参考にするのもひとつの方法ではないでしょうか。

旅行の前に口コミをチェックするならおすすめのサイトがあります。それは、世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】です。【TripAdvisor】 (トリップアドバイザー) では、200以上のサイトを検索して、最低価格を紹介しています。

口コミをチェックしたうえに、そのまま、ホテルや航空券を予約することもできてとても便利です。一度チェックしてみてはいかがでしょうか。 

言語楽通信 2

hawaii-dena6私は、中学・高校時代に英語、ラテン語、ギリシャ語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語などを勉強しました。が、当時は、アジア語やポリネシア語には全く興味がありませんでした。毎年よくヨーロッパ大陸に行きました。フェリーで300円ぐらいで、その後はヒッチ・ハイキングで回りました。

当時、英国には日本研究の講座を持った大学は3つしかなかった。ロンドン大学の助教授が私の高校に来て日本学の説明をしましたが、すぐには興味が持てませんでした。ケンブリッジ大学を受験したときに、面接とアンケートがありました。面接の時、教授とカフカの本について議論があり、私は反論しました。そのためにだめだと思ったが、大丈夫でした。その教授から「アンケートには、比較言語学に興味あると書いていたね。午後2時に日本学の学長に会うのだけれど、君も行くか」と誘われました。

すぐ帰るつもりだった私は、断ろうと思ったのですが、断ると大学に入れてくれないと恐れて(笑い)、ついて行きました。学長は温和な紳士でした。簡単な漢字の試験をされた。びっくり!合格。ロンドンに向かう列車で、もう一人の受験する学生と雑談。彼は合格しなかった。二度と彼の顔を見ない。

ヨーロッパ語から日本学に切り替えてから、ほかの学生に会った。小さいグループでした。 日本の大学の戦前の体制ですから、一般学はない。孟子、孔子学を含めてすべては日本の教育方針と直結でした。2年目から生徒はわずか3名!ヨーロッパ語の専門家は、私一人でした。したがって、試験がなかったのに、毎月LLで日本語だけでなく、ヨーロッパ語も勉強しました。

卒業後日本学者としては英国の会社で職を見つけるのは難しかった。うまい具合にソニーに入社が決まり、このときからすべての言葉を使うようになりました。ロンドンからすぐ東京に派遣され、プロの通訳の仕事が始まりました。ケンブリッジ大学に外務省から派遣されていた山田さんという方と友達になりました。日本に来たとき、山田さんの紹介で、赤坂にある ISS社に同時通訳を教えました。そのころソニーに、同時通訳者として有名な西山千氏が入社してきました。西山先生にはいつもよく教えていただきました。私の本業はソニーの外国部の翻訳と通訳。日本語をヨーロッパの諸外国語に翻訳または通訳するのが仕事でした。

アメリカ人、カナダ人とヨーロッパ人がよく来ました。忙しかったです。2年経った頃、ニューヨークに転勤になりましたが、アメリカの東海岸が嫌いでしたので、西海岸の仕事を探しました。ソニーのサンデイエゴ工場で働きました。11年の滞在でした。 そのあとフリーの同時通訳者になりに、ハワイに移りました。

最近よく旅行しますが、長年ほとんど飛行機に乗っていなかったです、なぜなら世界のあちこちから皆さんが、とても喜んでサンデイエゴまたはホノルルに来てくれるからです。 魅力的な場所に住みながら、たくさんの外国からの友と彼らの言語で語り、言語楽の練習をしています。
1冊丸ごとハワイ島 ベスト版 (エイムック)

明治日本の産業革命遺産への旅

日本旅行では、今一番ホットな話題である世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の登録を祝して、周辺のお宿の宿泊プランやJR・新幹線または航空と宿泊がセットになったプランを実施しています。
世界遺産登録記念プラン
軍艦島上陸クルーズプラン(長崎発)
軍艦島上陸クルーズプラン(広島発)
萩・スーパーはぎ号付きプラン
鹿児島・仙巌園入場チケット付プラン


明治日本の産業革命遺産
長崎エリア 端島炭坑
三菱長崎造船所
旧グラバー住宅
高島炭坑
萩エリア 萩反射炉
恵美須ヶ鼻造船所跡
大板山たたら製鉄遺跡
萩城下町
松下村塾
佐賀エリア 三重津海軍所跡
韮山(静岡県)エリア 韮山反射炉
釜石(岩手県)エリア 橋野鉄鉱山・高炉橋
三池(熊本県・福岡県)エリア 三池炭鉱・三池港
三角西(旧)港
八幡(福岡県)エリア 官営八幡製鐵所
遠賀川水源地ポンプ室
鹿児島エリア 旧集成館
寺山炭窯跡
関吉の疏水溝
仙巌園
明治日本の産業革命遺産への旅

アフリカポレポレ通信21 ウガンダ④~終

そんなふうに、いたるところで豊かさを感じさせ、アフリカっぽくないウガンダだが、ジョゼフの家には、首都からわずか20分程度であるにも関わらず、電気も水道も来ていない。これは、周辺のどの家もそうで、インフラが整備されていないのではなく、家そのものに、それらの設備がないのである。

日が暮れると、当たり一帯の家々でランプが灯され、ろうそくの明かりが、窓辺や軒先をほのかに照らす中で、家族や友人同士が団欒を持つ様子は、雰囲気もよく、ジョゼフも「これがウガンダだ」などと言って、陽気に笑っているが、豊かなのは、ほんの1面に過ぎないのだと感じた。

****************************************

 ところで、ジョゼフにダウンタウンを案内してもらっているとき、少し戸惑うことがあった。ダウンタウンは危険だとしきりに言うジョゼフが、僕の手を取り、そのまま歩くのである。その後も、ジョセフは何かというと、僕の手を握って歩くのだが、ウガンダでは、男同士で手を繋いで歩いている姿を、とにかくよく見かける。

ケニアでも、田舎ではよくある光景なのだが、ナイロビではあまり見かけないので、とにかく最初はびっくりしたし、恥ずかしかったのだが、ジョゼフと2日ほど行動をともにし、事あるごとに手を握られるので、そのうちに慣れてしまった。

(終)


アフリカポレポレ通信20 ウガンダ③

ナイロビから、カンパラまでの直行便で来たので、ウガンダ・シリングの持ち合わせがなかったので、ジョゼフの家に荷物を置いたら、早速、カンパラへ。カンパラの第一印象は、"静かできれい"。

もちろん、カンパラにも、物乞いやストリート・チルドレンはいるし、スラムもあるのだが、はじめに案内してもらった、大使館や高級ホテルのある高級住宅地は、どこも、人ごみにあふれ、そこかしこでクラクションが鳴り響き、埃っぽくて、ゴミだらけだったナイロビに比べると、行き交う人も、走る車もずっと少なく、建ち並ぶビルは、真新しく、デザインも洗練されている。道行く人も、古着然としたボロを着ているような人も少なく、センスもいい。何より、衛生観念の低いアフリカの国には珍しく、投げ捨てられたゴミも非常に少ない。

 高級住宅地をしばらく歩いたあとは、庶民の生活の場であるダウンタウンを案内してもらう。高級住宅地の静けさとは打って変わって、ダウンタウンは、アフリカ的下町の猥雑な雰囲気と活気に溢れ、特に、タクシーパーク付近では、200台はあるだろうタクシーがひしめき合い、その周囲を、商店や露店が取り囲んでおり、壮観ですらある。

しかし、小ぎれいなショッピングモールも多く、ここでも改めて、ウガンダの豊かさを感じる。それでも、カンパラは、街自体も小さく、高級住宅地の方が、極端に洗練され、人の数も減るので、その区分けは、ナイロビ以上にはっきりしている。





アフリカポレポレ通信19 ウガンダ②

当初、カンパラに着いたら、ダウンタウンにある安宿に泊まろうと思っていたのだが、バスで隣り合わせたジョゼフが、ダウンタウンは危険だからと、自分の家に泊まるように申し出てきた。ジョゼフは、お母さんとおじさんの3人暮らし。カンパラの中心部から、タクシー(ケニアで言うマタツ)で、20分ほどかかる郊外の町に住んでいる。正直、バスに隣り合わせただけの男など信用してもいいものかという不安はあったが、家族構成を考えても、大それたことはできなさそうだし、取られて困るようなものも持ち合わせてはいない。ウガンダでは、まず始めに、ジンジャに行って、ナイルの源流を見るつもりだったので、カンパラの中心部にいる必要もない。何より、ウガンダ人の家庭というものを垣間見ることのできるいい機会でもある。思い切って、2~3日、泊めてもらうことにした。

 ジョゼフの家は、コンクリートつくりで、屋根はトタンでできている。こう言うと粗末な家のようだが、造り自体はしっかりとしており、構造も広く、なかなか快適に作られている。ウガンダに入国してすぐに感じたことだが、素材は別として、ウガンダにはきれいな家が多く、道行く人も、みんな、きちんとした服を着ていて、生活レベルは、それなりに安定しているように感じた。実際、ジョゼフは、MP3で、音楽をよく聴いているのだが、ケニアでは、CDフレーヤーはおろか、ヘッドフォン・ステレオさえ、庶民はなかなか持てないことを考えれば、やはり国民の生活は、アフリカ国内では、比較的、高い方なのだろう。


アフリカポレポレ通信18 ウガンダ①

床屋に話を戻すと、子どもたちは、20シリングということだが、いわゆる"丸刈り"にされる。ある日、サボレが床屋に行くというので、ついて行ったら、先に、どこかの子どもが丸刈りにされている。どこの男の子だろうと思っていたら、ンズーラとワンボイ。

こちらでは、女の子も、小学生のうちは丸刈り。しかし、ンズーラは、そろそろお年頃で、丸刈りは恥ずかしいらしく、施設に帰ると、色鮮やかなスカーフを、頭に巻く。頭をぐるりと包み込み、額の上あたりで、キュッと結ぶアフリカン・スタイルはなかなかおしゃれ。日本ではこうやるんだよと、いわゆる三角巾のかぶり方を教えると、結構、気に入った様子。ついでに、鼻の下で結ぶコソ泥スタイルも教えたら、こちらもなかなか受けた。

しきりに自分の丸刈りを恥ずかしがるンズーラに、大人になったら、どんな髪型にしてみたいかと訊いてみるが、「私はこのままでいいわ」という答え。しかし、ケニアの女性の髪形は、とても凝っている。ジポーラは編み込んだ髪を、その日のスタイルに合わせて、様々な形に整え、ムワリムはストレート・パーマをかけた上に、さらにゆるいウェーブをかけ、金色に染めている。ママにいたっては、1000シリングもかけて、髪を編み込んだように見えるエクステンションを何本もつけている。女性は、髪にかけては、お金も努力も惜しまないようである。

****************************************

それに対して、男性は、大人も子どもも、みんな丸刈り。ごく稀にドレッドなど見かけるくらいである。で、僕も、それに倣って…というわけではないが、床屋に行って、丸刈りにしてもらう。しかし、床屋さん、ムズングの髪の刈り方が、わからないらしい。

こちらの人の髪は、いわゆる"縮れ毛"なので、どの方向からでも、よく刈れるが、日本人の髪だと、上から下に伸びているので、下からでないと刈れないのに、上から刈ろうとする。いつまで経っても、バリカンで髪を撫でつけているだけなので、下から刈るようにと指示。その後も、横はこう、後ろはこうと、教えながら、ようやく終わった次第で、結局、200シリング取られてしまったが、こちらが講習代をいただきたいくらいである。




アフリカポレポレ通信17 ケニア

床屋に話を戻すと、子どもたちは、20シリングということだが、いわゆる"丸刈り"にされる。ある日、サボレが床屋に行くというので、ついて行ったら、先に、どこかの子どもが丸刈りにされている。どこの男の子だろうと思っていたら、ンズーラとワンボイ。

こちらでは、女の子も、小学生のうちは丸刈り。しかし、ンズーラは、そろそろお年頃で、丸刈りは恥ずかしいらしく、施設に帰ると、色鮮やかなスカーフを、頭に巻く。頭をぐるりと包み込み、額の上あたりで、キュッと結ぶアフリカン・スタイルはなかなかおしゃれ。日本ではこうやるんだよと、いわゆる三角巾のかぶり方を教えると、結構、気に入った様子。ついでに、鼻の下で結ぶコソ泥スタイルも教えたら、こちらもなかなか受けた。

しきりに自分の丸刈りを恥ずかしがるンズーラに、大人になったら、どんな髪型にしてみたいかと訊いてみるが、「私はこのままでいいわ」という答え。しかし、ケニアの女性の髪形は、とても凝っている。ジポーラは編み込んだ髪を、その日のスタイルに合わせて、様々な形に整え、ムワリムはストレート・パーマをかけた上に、さらにゆるいウェーブをかけ、金色に染めている。ママにいたっては、1000シリングもかけて、髪を編み込んだように見えるエクステンションを何本もつけている。女性は、髪にかけては、お金も努力も惜しまないようである。

****************************************

それに対して、男性は、大人も子どもも、みんな丸刈り。ごく稀にドレッドなど見かけるくらいである。で、僕も、それに倣って…というわけではないが、床屋に行って、丸刈りにしてもらう。しかし、床屋さん、ムズングの髪の刈り方が、わからないらしい。

こちらの人の髪は、いわゆる"縮れ毛"なので、どの方向からでも、よく刈れるが、日本人の髪だと、上から下に伸びているので、下からでないと刈れないのに、上から刈ろうとする。いつまで経っても、バリカンで髪を撫でつけているだけなので、下から刈るようにと指示。その後も、横はこう、後ろはこうと、教えながら、ようやく終わった次第で、結局、200シリング取られてしまったが、こちらが講習代をいただきたいくらいである。




アフリカポレポレ通信16 ケニア

ケニアに来る直前。散髪屋にぼったくられたり、いちいち交渉するのもイヤだと思い、3ヶ月間、床屋に行かなくてもいいようにと、生まれて初めて坊主頭にした。しかし、こちらに来て1ヶ月。無造作に伸びてきた髪は、どうもみっともないので、やはり散髪屋に行くことに。そこで、代金をサボレに尋ねてみると、「本当に行くの!?」と、目を丸くする。何かまずいのだろうか?と思いつつ、それでも、散髪したいと答えると、すごく高いという。「僕たちは20シリングと安いけど、外国人だと、200シリングも取られるよ!」という。

****************************************

当然、どんなことをするかにもよりけりではあるが、日常生活において、ケニア人の金銭感覚は、大雑把にいうと、20シリングだと安く、200シリングだとすごく高いという感じである。僕自身、こちらで生活をしているあいだ、100シリングを超えるような品物を購入したといえば、水とトイレットペーパーくらい。しかし、それも、水は5リットルのもの、トイレットペーパーは8ロールまとめてである。外食をしても、地元の人が来るような食堂でなら、おいしいテラピア(魚)やニャマ・チョマ(肉)が、ウガリおかわり自由で、50シリング程度で食べられるし、ファーストフードも、皿山盛りのチップスとソーセージが同じくらいの値段である。

ケニアは、思っていた以上に、料金表示がしっかりしているので、物価の相場を知りやすい。僕はスモーカーなので、タバコなどは、キオスクや地元の人の利用する商店を利用することが多いが、キテンゲラでも、ナイロビでも、今のところ、ぼったくられたことはない。また、マタツは、時間帯や、往路と復路で料金が変ることはあるが、終着点までの料金表示がされていることもあり、とても乗りやすい。1度だけ、マタツで、20~30シリングの距離を、50シリングと言われたことはあるが、まぁ、その程度なら、かわいいものである。

しかし、ケニアでも、やはり"ムズング・プライス"なる料金設定があるのは確か。Tシャツや靴下など、日用品を扱うマーケットでは、せいぜい50シリング程度の上乗せだが、みやげ物屋となると、最初の言い値は2倍~3倍。中には数倍くらい言ってくるのもいる。もちろん、タクシーも、こちらは、言い値の10分の1くらいから始めて、ようやく相場。もともと、タバコやチョコレート、タクシーなど、嗜好品や地元の人では購入・利用しないようなものは、日本との物価を考えると、やはり割高であることを思えば、当然と言えば、当然のことである。






アフリカポレポレ通信15 ケニア

このように、力強く明るい音楽に溢れたケニアだが、近隣の小学生たちが30人ほど集まる土曜日の補習授業では、休み時間になると、サッカーや自転車に乗って遊ぶ子どもたちの騒ぎ声に混じって、ゴマ(太鼓)やピアニカ、リコーダーの音色が聞こえてくる。照りつける陽射しから逃れるように木陰に座り、思い思いの曲を奏でるその姿は、とても穏やかで、懐かしい楽器の奏でる音色は、郷愁を呼び起こし、もの悲しくもある。

それは同時に、彼らは、ここにいることを強く意識させ、ここに来るには、それなりの理由があるのだということを、改めて思い起こさせる。ここに来る前は、安い感傷に囚われて、大切なことを見落とさないように気をつけようと思っていたのだが、普段、明るく元気な彼らといると、そんなことはまったく意識させられない。しかし、それだけに、ふいに沸き立つ感情は、抑え切れず、その音色は、一層もの悲しく聴こえてくる。

****************************************

いつでも、どこでも音楽が溢れているケニア。ある日、みんなで食事をしていたのだが、なんだかいつもと違うと思っていると、所用で、少し遅れてきたママが、あり得ないといった表情でこういった。「なんで、音楽もかけないで、食事しているの!」花に水、人には愛が必要なように、ケニア人とって、音楽は、人生に欠かせないもののようである。


アフリカポレポレ通信14 ケニア

しかし、ママに言わせると、ケニア人の誰もが、音楽好き、踊り上手というわけではないという。クリスチャンの多いケニアでは、敬虔な信者は、ヒット・チャートを賑わすような歌や音楽は好まないらしい。だが、教会で歌われる賛美歌も、(宗派によりけりではあろうが)僕たちがX' masなどによく聴くような厳かなものではなく、アフリカの民俗音楽の要素を取り入れたものであり、色とりどりの腰布を巻き、パーカッションや (マラカスのような音を出す)の音色に合わせて、歌い踊る聖歌隊の姿は、躍動感に溢れている。そして、それに合わせて、各々のリズムで、歌い踊る人々の様子からは、僕よりも恵まれないはずの彼らの方が、ずっとたくさんの生きる歓びを感じ取っているように見える。

****************************************

このようなリズム感は、いつごろから身につけられるのだろうか。施設が運営する保育園では、朝礼の時間だけでも、数曲の歌を振り付けで歌い、授業にも、たくさんの歌と踊りが盛り込まれている。ムワリムの号令がかかると、子どもたちは、待っていましたと言わんばかりに、椅子の前から飛び出し、せまい教室いっぱいに広がって、その小さな体から、歌い踊る歓びというものを、思う存分に発散する。それらの歌の多くは、子供向けの単純なもので、歌に関しては、「大きな声で!」というムワリムの指導通り、がなり立てているだけに近いのだが、踊りとなると、中には、童謡らしからぬ振り付けのものもあり、そんな歌では、どの子どもも、巧みな腰使いで踊り、すでに大人顔負けのリズム感を体得していることに、また驚く。

また、ケニアの小学校では、授業はすべて英語で行われるが、ケニア人が日常生活で使用する言語は、主にスワヒリ語であるため、恵まれない環境にいる子どもの中には、英語がマスターできないまま、どの授業にもついていけず、なかなか進級できない子どもも数多くいる。ワンボイも、そんなひとりで、彼女は、ほとんど英語を理解できず、話すこともない。しかし、そんな彼女も、ンズーラやウォーリーと一緒に、童謡遊びをするときには、どんなにスピーディな英語の歌でもしっかり歌い、はしゃぎ転げる。





体験宿泊
リロバケーションズ
海外格安航空券ena(イーナ)

旅好堂★旅のクイズ
記事検索
テーマパーク

ユニバーサルスタジオ・ジャパン
ハウステンボス
富士急ハイランド
スパリゾ-ト・ハワイアンズ
ナガシマ・スパーランド
旭山動物園
ルスツリゾート
鴨川シーワールド
富士サファリパーク
志摩スペイン村
カテゴリー
旅行用品


ギャラリー
  • 言語楽通信 2
  • テカポ湖(ニュージーランド)~星空を世界遺産に!
  • ロトルア~ニュージーランドの温泉とマオリ文化を満喫!
  • ロトルアで運転士体験!
  • ロトルアで運転士体験!
  • ロトルアで運転士体験!
  • ロトルアで運転士体験!
  • ロトルアで運転士体験!
  • ロトルア紹介
楽天市場